ギブソンアコースティックギター

昨日、楽器の勉強会に参加させていただいたのですが

今までなんとなく疑問に思っていたことが解消できました。

それはギブソンのアコースティックギターのモデル名についてで

例えばSJ-200はその当時の定価が200ドルだったこと
J-45は45ドルであったことに由来するという事でした。

現在だと新品はもちろん中古で程度が悪いものでもそんな金額では買えないので
ボディの大きさや形でモデル名が決まっているのかなと思っていました。

関連してマーティンのギターのモデル名について調べてみました。

マーティンのモデル名は000-18やD-28等がありますが
これはモデル名 + スタイル番号の組み合わせだそうです。

モデル名はボディやネックのサイズを表し(1,0,00,000,D等)、スタイル番号は使用するマテリアル(表板や側裏板の素材)や装飾の違い(28,30,34,35,36,37,38,40,41,42,44,45,50,100等)により付けられるそうです。

てっきりD-45が最高級かと思っていたらD-50、D-100等のそれ以上のモデルも存在していました。
まあD-100なんて10万ドルと現実的な物ではないようですが。

このようなモデルは中古楽器屋さんでいくら位で店頭に並ぶのでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*