ヤマダ電機

明日10月30日、隣駅の池袋にヤマダ電機の「LABI1 日本総本店 池袋」がオープンします。

もともと5月に閉店した三越池袋店の跡地ですが売り場面積は地下2階から地上7階で
2万3000平方メートル、扱う商品は150万点と、家電量販店では国内最大規模を誇るとの事。

ちなみに
地下2階には日用品、医薬品、加工食品、化粧品、
地下1階は美容や照明器具、
1Fには薄型テレビ、レコーダー、
2Fは携帯電話、デジタルカメラ、オーディオ、
3Fはパソコンソフト、
4Fはパソコン、パソコン周辺機器、プリンタ、
5Fは冷蔵庫やエアコンなどの白物家電、
6Fはブランド品やCD・DVDソフト、玩具、
7Fには飲食店フロア、
屋上にはアディダスのフットサルコート
という構成。

すでにライバルのビックカメラは10月22日に池袋の3店舗をリニューアルオープンし、 
東口総合館は「ビックカメラ アウトレット」としてアウトレット品を販売する専門館に業態転換し
その店舗内で子会社のソフマップの中古販売や買取も展開しています。

ビックカメラの折り込みチラシを見たのですがデジタルカメラやパソコン、プリンタなど台数限定品は本当に安いのでびっくりしました。

とりあえず近いうちに池袋に足を運んでみようと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*